銀座のホットヨガ教室に通う3名の女性の1日に密着しました

サイトマップ
メニュー
ホットヨガと私たちの1日~銀座の暮らし方~ » 美と健康は1日にしてならず!続けられるホットヨガスタジオの選び方 » 超重要!ホットヨガの効果を最大限にする温度と湿度

超重要!ホットヨガの効果を最大限にする温度と湿度

ホットヨガは、特殊な温度と湿度に設定された室内で行うヨガです。しかし、ヨガスタジオによってその設定はバラバラ。どれくらいの温度と湿度であればホットヨガの効果を最大限に発揮するのでしょうか。適度な室温だからこそ得られる効果も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ホットヨガに最適な温度と湿度とは?

最適な温度・湿度で行うホットヨガの効果

ホットヨガを行う際に気を付けたいのが室内の温度です。ホットヨガに適しているとされる温度は30~40度、湿度は55~65%。この室温は体の筋肉をやわらかい状態にするといわれています。そのため、筋肉に無理な負荷をかけることなくヨガを行うことができるのです。

なかでも最適とされているのが気温38度で湿度が65%の状態。高すぎると体への負担が大きくなってしまい、低すぎると汗の量が少なくなってしまうため、ホットヨガの効果を十分に得られません。

デトックスで体にたまった毒素を排出

特殊な室温設定の中で行うホットヨガで期待できるのがデトックス効果です。日常ではかかない大量の汗をかくので、それにより体の中に溜まっている老廃物を出すことができます。体の中の老廃物を出すことは、アンチエイジングや美肌につながりますよ。

冷え性の改善と免疫力アップ

ホットヨガは冷え性の改善にも役立ちます。冷え性は体が冷えて血管が細くなった状態です。ホットヨガは体温を上昇させるので血管が広がり、血流を良くします。血流が改善するとリンパの流れも良くなるので、免疫力も上がります。体の冷えが改善されるだけでなく、病気になりにくい体質になりますよ。

脂肪燃焼で理想のボディライン

ホットヨガは脂肪燃焼に効果を発揮します。ホットヨガは温度と湿度が特殊なため、行うのはストレッチや呼吸法がメイン。それでも通常のヨガや動きの多いパワーヨガよりもカロリー消費量が多くなります。パワーヨガだと1時間で約200kcalが消費されますが、ホットヨガの場合は約330kcalの消費に。高温多湿の中でのヨガは激しい動きをしなくても大きなカロリー消費につながります。代謝が良くなると脂肪の燃焼効率が上がるので、脂肪の燃焼に効果を発揮するわけですね。

このように、最適な室温の中で行うホットヨガは体にさまざまな効果をもたらしてくれます。ヨガスタジオを選ぶ際は、室内の温度や湿度にも目を向けて選んでみてくださいね。

3名の女性が選んだ
お気に入りホットヨガ教室in銀座